image/svg+xml image/svg+xml image/svg+xml image/svg+xml image/svg+xml Acer:「iSpringを使って、私たちは Chromebook 修理のために 200 名以上の高校生にトレーニングをしています」Acer:「iSpringを使って、私たちは Chromebook 修理のために 200 名以上の高校生にトレーニングをしています」Acer:「iSpringを使って、私たちは Chromebook 修理のために 200 名以上の高校生にトレーニングをしています」Acer:「iSpringを使って、私たちは Chromebook 修理のために 200 名以上の高校生にトレーニングをしています」Acer:「iSpringを使って、私たちは Chromebook 修理のために 200 名以上の高校生にトレーニングをしています」Acer:「iSpringを使って、私たちは Chromebook 修理のために 200 名以上の高校生にトレーニングをしています」Acer:「iSpringを使って、私たちは Chromebook 修理のために 200 名以上の高校生にトレーニングをしています」Acer:「iSpringを使って、私たちは Chromebook 修理のために 200 名以上の高校生にトレーニングをしています」
ベッキー・ウェッソン(Bekkie Wesson)Acer Serviceの教育コーディネーター

ベッキー・ウェッソン(Bekkie Wesson)Acer Serviceの教育コーディネーター

ミネソタ州の 27 名の高校生は最近、 認定 Acer Chromebook Repair Techsperts(CRT)になりました。今後この生徒たちは、電池、メインボード、LCD 画面の交換など、Acer Chromebook のハードウェアの基本修理を行うことができます!  

Acer の新しい生徒 eラーニング修理プログラムは、米国全土で 15 校以上の学校で大きなヒットです。2018 年秋に開始以来、ほぼ 400 名の生徒、教師、技術者がプログラムに参加しました。Acer Service のトレーニングコーディネーター Bekie Wesson 氏が iSpring を活用したプログラムの開発・導入方法について共有してくれました。

Chromebook 修理 eラーニングプログラム

私たちのトレーニングチームは、Acer Service の一部で、北米、カナダ、南米の Acer 製品のサービスとサポートを提供しています。

多数の学校が Acer Chromebook を生徒に購入しています。バックパック、ロッカー、スクールバスで 9 か月間保管した後、ヒンジは壊れ、画面にはひびが入り、カバーや USB ポートは壊れることがあります。年末に生徒がデバイスを返却する時には、学校は修理のために Temple Texas にある私たちのサービスセンターに送ることができました。

ところが、一部の学校には自己メンテナンス校として認定されています。この資格は、学校の技術者が特定の場所で自分たちのデバイス修理を許可するものです。2017 年、何千台もの Chromebook と、ごく一握りの技術者が備わったこれらの学校の中のある学校が尋ねました。ハードウェアの気温修理を手助けするために、生徒のチームを訓練する手助けができるかどうかと。学校の技術スタッフは、自分たちのAcer Chromebook の整備に役立つ新しいスキルを活用しながら、仕事経験を得ているこれらの資格を持った生徒に貴重な監視を提供しました。

このように、私たちの Chromebook 修理 eラーニングプログラムが開始しました。

Chromebook 修理プログラムの仕組み

参加するためには、認定校は生徒とスタッフリストを送信し、プログラムに加入します。これらのユーザーを私たちの iSpring Learn アカウントに追加します。LMS は、各ユーザーのメールアドレスに自動的にログイン情報を送信し、これで開始準備ができます。

“コースはそれぞれ 30 以上のレッスンがあり、5 チャプターで構成されています。生徒は Chromebook コンポーネントを見つけ、コンポーネント交換方法に関する詳細を説明する教育ビデオを視聴します。
コンポーネント交換後、質疑応答テストのほか、ハードウェア ID 設定の重要性に関しても学びます。
生徒は各クイズに合格して、次のレッスンに進みます。この自己ペースのコースがあるので、生徒は必要に応じてレッスンや動画を再生しながら自分の速度で取り組むことができます。”

iSpring Suiteプレイヤーで表示されるコースの例

Chromebook 修理コースの紹介

生徒は各レッスンを修了ごとにポイントを獲得します。コース全体では、自分のアカウントでLMS リーダーボードを確認し、他の学習者との比較を確認できます。

すべてのレッスンを修了したら、学習者は実際の修理をしている間に最終評価のスケジュールを立てます。生徒を観察しながら、スタッフメンバーはオンラインチェックリストを仕上げ、生徒がコースで教えられた通りに適切な順番で手順を実行しているかどうかを確認します。

スタッフメンバーはユニットを開くことから始めて、生徒の技術スキルを文書に記録します。ケーブルとコンポーネントの切断から新しいコンポーネントのインストール、最後にユニットの再組立てまで、スタッフメンバーは手順ごとに生徒にフィードバックを提供することもできます。

iSpring Suiteで作成したクイズ

スタッフメンバーは、修理実行の時に生徒の技術スキルを文書に記録します。

最後の質問では、生徒がコンポーネントをうまく交換できたかどうかを判断するように、スタッフメンバーに質問されます。

iSpring Suiteで自己評価のための質問作成

最後の質問で、生徒がコンポーネントをうまく交換できたかどうかを判断するように、スタッフメンバーに質問されます。

オンライン評価でうまく手順に従ったら、LMS は、生徒のアカウントにカスタマイズされた Chromebook Repair Techspert 証明書を発行します。

オンラインコース修了証明書

Acer Chromebook Repair Techspert 証明書

iSpring を使ったプログラムコンテンツの開発

私たちのトレーニングチームは、教育・視覚的なデザイン、コンテンツ開発、プログラム導入を担っていました。しかし、完全なカリキュラム作成、その後にコンテンツ開発をするために、4 つの部署からのテーマの専門家と一緒に取り組みました。

  • 動画と画像コンテンツを提供するリソースを調整したデジタルサービスチームメンバー
  • 修理プロセスで最適な実施手順を提供した修理所の技術者
  • Acer のプレミアムサポートチームは、私たちの顧客エキスパートでした
  • Acer のサービスエンジニアリングチームは、私たちの製品エキスパートでした

私たちのチームから投入し、私は PowerPoint を利用して基本のコンテンツを作成しました。その後にテンプレート、キャラクター、インタラクションを使用し、多数の無料 iSpring ウェビナーで学んだことを適用して、iSpring Suite に取りかかってさらに魅力的にしました。

iSpringを見つけてから、開催しているウェビナー全てに申し込みをしました。毎回新しいことを学べました。

情報が届けられる方法を替えたことを確信したので、生徒は座って受け身で画面を見るだけではありません。iSpring を使用し、Chromebook 修理コースに生徒を従事させ続けるために重要な eラーニング要素を簡単に取り入れることができました。

選択肢

そうする意味があるところで、私たちは生徒を「促す」ことにしています。たとえば、下にあるスライドのすべてのコンポーネントはクリック可能です。生徒はそれをすべてカバーする必要がありますが、検証する順番を選択することができます。

iSpring Suiteプレーヤーで表示されたノートパソコンのコンポネントの概要

コンポーネントの概要

インタラクション

生徒が画像、グラフィック、アイコンをクリックした時には、小さな情報のかたまりを届けます。高画質の画像は、生徒が視覚的にコンポーネントを識別して、ケーブルやコネクターに関する重要な詳細情報を学ぶ手助けとなります。

たとえば、異なるタイプのコネクターは、iSpring Suite で入手できる電子書籍インタラクションで説明されています。生徒はページをめくって、自分のペースで教材を調べることができます。

 iSpring Suiteで作成された電子書籍

コネクターインタラクションのタイプn

別の例として、私たちはインタラクティブなミニゲームを製作し、実際にコンポーネントを交換するために必要なツールや器材について生徒に教えました。

iSpringSuiteでインタラクションを作成

ツールと器材のインタラクティブなミニゲーム

リソース

さまざまな学習スタイルに取り組むために、私たちは各レッスンにダウンロード可能なリソースを加えました。たとえば、生徒は PDF 文書をダウンロードして、レッスン全体を読み込むことができます。すべてのリソースはコールプレーヤーから簡単にアクセスできます。

iSpringSuiteで作成されたオンラインコースでリソースを確認

プレーヤーで入手できるダウンロード可能なリソース

また、各ビデオにサポートコンテンツも製作したので、生徒はクイズをする前にすばやくレビューできます。

iSpringSuiteで作成したオンラインコースでサポートコンテンツを確認

情報をレビューするためのサポートコンテンツ

教育動画

特定のコンポーネントの交換方法を手順ごとに説明したナレーション付きの高画質動画を提供します。生徒は、自分のペースで、一時停止、巻き戻し、見直し、反復レッスンに取り組むことができます。

手順を案内する動画をiSpringSuiteで作成

手順ごとのナレーション付き動画

生徒は画面上にあるメモにアクセスし、動画で紹介されている詳細手順を読むことができます。

iSpring Suitedを使って作成されたノート付の研修動画

動画で表示されているすべての手順は、メモで説明されています

知識チェック

各レッスン後、生徒は次に進むためにクイズに合格しなければなりません。iSpring のさまざまなタイプのインタラクティブな質問を通じて、生徒はプログラムで取り組む時に教材の理解を示します。

iSpringSuiteで作成されたクイズの例

突合せの質問

ホットスポット質問は、開けたユニットの画像を特徴としており、生徒に学んだばかりのコンポーネントをクリックするように要求します。探しているコンポーネント、そしてそれがユニットのどこにあるのかを生徒が識別できることを確認したいと思っています。

iSpring Suiteで作成したクイズのホットスポット質問

ホットスポット質問

クイズ完了後に生徒はすぐに結果を確認できるので、自分の成果がすぐにわかります。

iSpring Suiteで作成したクイズの結果画面

クイズの結果ウィンドウ

iSpring Suiteで作成したクイズで理解度・習得度を測定

詳細なクイズの結果

クイズに合格しなかった場合、レッスンを繰り返す必要があります。生徒は動画を再度視聴する、またはレッスンを繰り返してそれらのコンポーネントに関するすべての事実を学ぶ必要があるかもしれません。必要に応じてどれだけでも時間を費やすことができます。

プログラムの結果とフィードバック

必要性に関してご意見をいただいて対応しながら、教育に従事するお客様と提携することはすばらしい機会でした。ユーザーから受け取った反応はポジティブなフィードバックに関してとても嬉しく思っています。

  • 教師。教師が自分では作成できなかった限定の技術教材を提供します。プログラムでは約 6.5 時間の授業を提供します。教師は追加の権利でコースに参加するので、iSpring Learn のレポートと統計を見ることができます。
  • 技術者。Chromebook モデルによってレイアウトや修理手続きが著しく異なることがあります。私たちのコースでは、学校の技術者が自分の所定モデルに合う技術情報を最適な実践に関して詳細を見れるようにしています。
  • 生徒。私たちのプログラムは生徒が実際に仕事経験を得るすばらしい方法です。カレッジでコンピューターサイエンスを検討する、ハードウェア技術者としての雇用を求めるなど決定することができます。

iSpring Learn で利用できるこのオンラインコースのすばらしいところは、融通性です。1 週間のうち 3 日間、15 分間相当のホームルームクラスでコースを使用する学校があります。1 時間 45 分相当のクラスで利用する学校もあります。iSpring Learnを使用すると、生徒はログイン、レッスン修了してからログアウトすることができます。後で、やめたところからすぐに始めることが可能です。

iSpring Suite

迅速なコースオーサリ
ングツール

オンラインコース・クイズの作成
にかかる時間を劇的に短縮する

早く作成できるコースオーサリングツールキット

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

オンラインコースの素早い作成を今から始めましょう